的弓祭(まとうさい)

 

的弓祭(まとうさい)

甲奴町大字小童須佐神社に江戸時代初期から伝えられている 弓神事で、例年1月7日の午前11時ころから行われる。神官が、弓と矢を打ち鳴らして悪魔を呼びこみ、最後に悪魔の眼に見立てた的を射て悪魔を退散させ、無病息災を祈るという伝統ある神事です。近郷からの参詣者も多く、宮司が射た的に飾った松を持ち帰るとその年は無病息災だといわれています。
 

時: 毎年 1月7日 10時~
所: 甲奴郡甲奴町小童 小童須佐神社
主催: 小童須佐神社 小童須佐神社奉讃会
催し物: 七草がゆ(無料) 農産物販売 くじ引き 餅蒔きなど


P1010859.JPG

晴れてはいますが、とても寒い1日でした。
たくさんの方が参拝に来られました。

P1010914.JPG


P1010863.JPG
巫女の舞


P1010901.JPG
無病息災、五穀豊穣の儀式


P1010918.JPG
松の枝を取りに行きます

P1010854.JPG

特産品販売

お餅や、漬物、ぎおん飴、などなど美味しそうな
ものをたくさん売っておられます。

P1010847.JPG

毎年恒例の福引き

いい景品が当たりますように、、

P1010885.JPG

2011個の餅投げ

.2011年にちなんで2011個の餅投げが行われました。
中に金券が入ってたものもありました。

P1010891.JPG

今度はこちらから。

向きを変えての餅投げ